【エロ漫画】真面目だと思ってた現役女子校生小説家だけど、実は俺とセックスする官能小説を書いていて…

文芸部の部員である郡山さんは、女子校生にしてプロの小説家だ。そんな彼女が書いている小説は、なんと俺とのセックスを綴った官能小説!真面目だと思っていた子がこんな想像をしてるなんて…なんて興奮するシチュエーションなんだ!俺は思わず彼女を押し倒していて、可愛いおマンコを思いっきり突いてあげたんだ。

2016.05.28更新





















コメントを残す

*

新着エロ漫画
▲ PAGE TOP