【エロ漫画】夫が何度言っても融資してくれなかったメガバンクの融資担当の男が取り引きの条件にしたのは、爆乳社長夫人の…

夫の経営する会社が融資を受けようとして銀行員に相談を持ちかけていたが、断られてしまった。しかし爆乳妻の元に男がやってきて「あるモノを担保に入れて欲しい」と言われてしまう。あるモノとは妻の身体で、彼女は夫のためにその身体を捧げてしまう。そして今は社長夫人としての威厳もなくなり、ただの牝豚に成り下がってしまった。

2016.09.09更新

作者:





















コメントを残す

新着エロ漫画
▲ PAGE TOP