【エロ漫画】原住民族の女に逆レイプされてしまう男。そこから精液搾取輪姦乱交が始まり最後には金玉取られてしまった!

原住民族の女に出会ったら即チンポを取り出されてフェラチオされ精液搾取。拘束されてしまった男は求められるままに、まるで排泄のように精液吐き出し続ける日々になっていった。そして訪れた最後は触手によって金玉を取られてしまい捨てられて苦悶の声を上げる姿…

2018.10.03更新

作者:

作品名:無銘をさまようもの

























コメント一覧

  1. 名無しさん より:

    なんだこれは

  2. 名無しさん より:

    だれか説明してくれ

  3. 名無しさん より:

    女になるってことか?

  4. 名無しさん より:

    某桃太郎を思い出す

  5. ど こ で も 沸 く ホ モ より:

    む° ず° か° し° い° は° な° し° に° な° っ° て° ま° す° ね° ぇ° ~
    °

  6. オイディプス より:

    事故かなんかで二十年寝続けてて、障害もち(多分、脳も含む)になった男が、父親の残した手記から万病を癒すという聖地を訪れたが
    囚われて…
    という部分はともかく、作品のテーマは万物の対面性、流転性とかなんだろうか。男の側は親父の死、障害持ち、最後のページの少年の側の影にある吹き出しから死に行く者や問い、形を持つものの象徴である。女の側はデエナ(おそらくディアーナ? 農民の信仰対象にありがちな多産なんかの女神)、最後のページで問いを受けていること、「わたしのじゃない」、「厭ではなかった」「孵りたかった」などから死に返す者、産み出すもの(一言で言えば再生)、形を持たない者、答える者の象徴ではないだろうか。
    しかし彼女達は言葉を持たず、答えを返さない者としても振る舞っている(死は言葉を返さない)
    長文失礼捕捉頼む、暫くしたらまた見るかも

  7. オイディプス より:

    男の側は問う者、死に行く者、形を持つものなんかの象徴で、女の側は答えを返さないもの、死に返し再び産み出すもの、形を持たない者なんかの象徴なのでは。最後のページ左下にある通り、対面性、流転性なんかが作品のテーマでは。
    (デエナの名はおそらくディアーナ、多産なんかの女神)
    質問あれば言ってくれろ、また見に来る

  8. 名無しさん より:

    二回も長文で解説もどきを残そうとしたのにコメント出来ない…読みたい人がいたら頑張ってみるわ

コメントを残す

画像をファイルアップ!

新着エロ漫画
▲ PAGE TOP